【フランクフルトショー2011】フィアットのアバルトモデル3台がお披露目!
フィアットのパフォーマンスブランド、アバルトの新モデル3台がフランクフルトモーターショーに出展されたのでご紹介しよう。

まずは「アバルト695コンペティツィオーネ」。「アバルト500」をベースとし、2年前に発表された「695トリブートフェラーリ」に代わるモデルだ。ボディカラーはフェラーリの赤ではなくグレーを採用し、リアシートが外され、ロールオーバーバー付きの2シーターになっている。

次は「500カブリオイタリア」。ベースは「500カブリオ」(日本名:アバルト500C)で、イタリア統一150周年を記念した150台限定生産の特別モデルだ。ボディカラーは専用のブルー(ブル・アブダビ)で装い、折りたたみ式ルーフ、黄褐色のレザーシートが特徴的だ。エンジンは、最大出力162ps の1.4リットル直列4気筒ターボ「Tジェット」を搭載している。

最後に「アバルトプント・スーパースポーツ」。ベースとなる「プントエヴォ・エッセエッセ」をさらに高性能にしたモデルだ。ボディカラーはグレーとマットブラックのツートンで、 最大出力182psのエンジンを搭載し、18インチアロイホイールやコニ製サスペンションが装備されている。

3タイプともギャラリーで確認できるので、それぞれの個性を見比べてみよう。
Related Gallery:SEAT IBL Concept

Related Gallery:Honda Civic 2012

Related Gallery:Lancia Ypsilon Diamond Show Car


関連リンク
【オフィシャル】米チューナーが発売した「フィアット500」のカスタマイズカー
「アバルト・プントエヴォ」のエッセ エッセ・キットが発売開始に
ピニンファリーナ出身のデザイナーたちが手掛ける特別なフィアット500!

フィアットの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!