maserati-kubang-frankfurt
マセラティは、現在開催中のフランクフルトモーターショーでSUV「クーバン」を初公開した。2003年のデトロイトモーターショーで同名のコンセプトカーが発表したが、どうやらSUV市場への本格的に参入を決定したようだ。
同社は、市場に出ているSUV車には"走る楽しさ"と"高級感"が欠けるが、それを実現するのが新SUVの「クーバン」だと説明。またこの車は、デザイン、エンジン、サスペンション、ブレーキ、ハンドリング、そしてパフォーマンスの点でも100%マセラティ車そのものだとも語っている。

「クーバン」のエンジンのデザインを手がけたのは同社のパワートレイン部門のトップ、パオロ・マルティネッリ氏。かつてフェラーリに30年近く在籍し、F1レーシングチームのエンジン開発責任者をつとめた人物だ。エンジンの生産はフェラーリによって、イタリアのマラネロで行われる予定。また、トランスミッションは8速ATが採用され、サスペンション、ブレーキ、ステアリングと共に、マセラティが新開発するという。

「クーバン」の詳細は明らかにされていないが、同社と提携関係にあるクライスラー傘下のジープ社のパーツが使用され、組み立ては米デトロイト州にある「ジープ・グランドチェロキー」のアセンブリーラインで行われる可能性が高そうだ。

期待が高まる新SUV の登場だが、まずはギャラリーでその姿をたっぷりとご覧いただきたい。詳細はプレスリリース(英語)をどうぞ。

Related Gallery:Scion FR-S, en vivo


関連リンク
【ニューヨーク国際オートショー】グランドチェロキーの高性能モデル「SRT8」の魅力とは?
【レポート】カナダ版『湾岸ミッドナイト』で、総額1億円以上、13台のスーパーカーが押収
【ビデオ】マセラティ「グランツーリズモ コンバーチブル スポーツ」は、本当に美しい!
- 自動車保険一括見積もり