1022馬力のR35 GT-Rの作り方!!!
R35 GT-Rはノーマルでも非常に速いクルマですが、世の中にはそれでは満足できない人がいます。このGT-Rを手に入れたオーナーはその速さに満足できず、もっと速く、そしてより多くのパワーを求めカスタムすることを決意。アラブ首長国連邦にすむオーナーは地元のチューナーであるTAMオートエンジニアリングとハリー・オート・ドゥバイ、そしてアメリカのフォージド・パフォーマンスにチューニングを依頼しました。
 
ノーマルと比べ倍の馬力を発生することを考えれば、どこを改造したかではなく、どこを改造していないかを数えた方が早いのは当然のことでしょう。V6 3.8リッターエンジンは内部にまで手を入れられ、また日本製のマニフォールドやカスタム・ビッグボア・スロットル・ボディなどが与えられています。 TAMは自分たちでデザインし、製作したフューエル・システムを採用したとのことです。
 
過吸気周りはAMS アルファX ターボキットを使用し、ただしタービン本体だけはこのクルマのためにカスタムメイドだれたダラス・パフォーマンス・カスタム製のタービンを使用します。足 回りは特注の車高調をおごり、ミッションもビスポークしたそう。マフラーは馬力の割には紳士的な音を奏でるそうです。シートはテクノフラフト製カーボン ファイバーのもので、なんと1脚3キロという超軽量なもの。軽量化には気を使っていてボディもカーボンを採用しています。
 
1,000馬力オーバーのモンスターGT-Rの高画質ギャラリーは下の画像からどうぞ。
Related Gallery:1022HP R35 GT-R


source:speedhunters

関連リンク
ナスカーエンジンに見切りをつけ新たに4気筒ターボを製作中!今季のフォーミュラD注目マシン!
【ビデオ】AMSのチューンした「日産 GT-R」が、今度は "ゼロヨン8秒台" を記録!
【ビデオ】1300馬力オーバーにチューンされた「日産 GT-R」が "ゼロヨン" で記録更新!
- 自動車保険一括見積もり