レクサスがフランクフルトで新型「GS450h」を発表!
現在、フランクフルトモーターショーに出展している2013年型レクサスGS450h」をご紹介しよう。

GS450hの外観は、レクサスが1カ月ほど前にアメリカのペブルビーチ・コンクール・デレガンスで発表した同シリーズの「GS350」と大差はなく、違いはレクサスのロゴがブルーなのとハイブリッドの文字が付いているくらいのものだ。しかし、その性能はどうなのだろうか。

最大の違いは、ハイブリッドシステムとアトキンソンサイクルを同時に採用し、3.5リッターV6エンジンに13:1という高い圧縮比を持たせたことだろう。水冷式モーターを組み合わせたパワートレインの最高出力は343psで、0-100㎞/h加速は5.8秒。パワーコントロールユニットが、標準的なエコモードで500V、スポーツモードで650Vと電圧を切り替えることにより低燃費を実現している。また、すぐれた動力性能を追求するため後輪操舵もできるレクサス・ダイナミック・ハンドリングシステムを搭載しているという。

新しいGS450hの姿をギャラリーでチェックしてみよう。また、その中身をプレスリリース(英語)で堪能してほしい。

Related Gallery:Mitsubishi Outlander 2013 (Europa)


関連リンク
これが証拠!ニュルブルクリンク最速記録を達成した「レクサス LFA」の動画が正式公開!
レクサスLFAが記録更新!ポルシェ911 GT2 RSをやぶりニュル市販車最速へ!
【ビデオ】これが21年前の日本製高級車の姿!?レクサスとインフィニティを比較!
【PR 】レクサスが買いたい...でも、ちょっと手がだせない...そんなあなたのためのレクサス中古車検索結果