【ビデオ】後席シートベルトの装着率アップ! フォルクスワーゲンの楽しい提案とは?
フォルクスワーゲンは2年前、「ファンセオリー・ドットコム」というサイトを立ち上げ、「面倒に感じることに"楽しさ"を加味したら、人は進んでそれをする」というコンセプトのもと様々な社会実験を行ってきた。そんなサイトが提案する車の安全性を向上させる新たなアイデアが注目を集めている。

考案したのは1人のセルビア人女性。後席のシートベルトの着用によってリアシート・エンターテインメント・システムが起動する仕組みだ。つまり子供たちが大好きなテレビ番組を見たいと思ったら、しっかりとシートベルトをしないといけないというわけだ。

フォルクスワーゲンが掲げる"楽しさ"に通じる、このユニークなアイデアは、交通心理学者も太鼓判を押している。さっそくビデオをご覧頂きたい。



関連リンク
【ビデオ】制限速度ピッタリで走れば現金が当たるかも?!
フォルクスワーゲンが主力のTSIエンジンに新技術を搭載すると発表!
フォルクスワーゲンから、シンプルで小さな新型車「up!」が登場!
- 自動車保険一括見積もり