【ビデオ】ポルシェ「918 RSR」に刻まれた謎のメッセージ! その秘密に迫る!!
我々のスタッフは先日、ポルシェのビデオ記事を数多く手がけるモータージャーナリストのJF・ミュージアル氏が、ポルシェ「918 RSR」の撮影をしている場面に出くわした。彼は、このハイブリッドレーシングカーに"秘密"が隠されていると言い、スタッフに四つんばいになってリアウィングの下をのぞいてみるよう促した。

するとそこには、「im CAD hat's passt」という謎のメッセージが書かれていた。ドイツ語のようだが、ミュージアル氏は答えを教えてくれない。おそらく"CAD"(コンピュータを用いた設計)に関係があるはずだと予想していたら、折よくポルシェから918RSR製作についてのビデオが公開され、その謎が解けたので今回はその秘密と、918RSRのビデオを紹介しよう。

このビデオでは、スポーツカー部門でデザインマネージャーを務めるアンソニー・ハッター氏が918RSRのデザインコンセプトから生産に至るまでのプロセスを語ると共に、メッセージの種明かしをしている。

同氏によれば、918RSRはCADにより設計されているそうだが、組み立ての段階で、「部品がきちんとはまらない」といった苦情が製造現場から頻発した。これに対してデザインチームのエンジニアたちは、「im CAD hat's passt!(CADではちゃんとフィットしている!)」と反論していたという。このやり取りが現場とデザインチームの間でジョークになり、ついには"記念"としてこの言葉をリアウィングの裏側に記すことになったのだそうだ。

ではビデオをクリックして、ハッター氏のインタビューと、茶目っ気たっぷりなメッセージをチェックしてみて欲しい。



Related Gallery:Porsche 918 RSR Photos


関連リンク
ポルシェC.E.OがF1参戦の可能性を否定し、ル・マンへの参戦に意欲的!
【レポート】ポルシェ 918の市販モデルは、スパイダーベースのコンバーチブル!?
【デトロイトモーターショー&ビデオ】注目のレースカー、ポルシェ「918RSR」が正式発表
- 自動車保険一括見積もり