ジャガーの新型スポーツカー「CX-16」は、F1のような「オーバーテイク」ボタンを搭載!
ジャガー C-X16のビデオを観るには上の画像をクリック

先日お伝えしたジャガーの新型スポーツカー「C-X16」の画像と詳細が発表された。生産・市販を前提としたコンセプト・カーとしてフランクフルト・モーターショーで実車が公開される予定だ。

Related Gallery:Porsche 911 Powerkit


C-X16は、ジャガーの次期型「XK」用(と思われる)アルミニウム製プラットフォームのホイールベースを2,622mmに切り詰め、全長を4,445mmというジャガーにしてはコンパクトなサイズに抑えた2人乗りクーペ。1954年に登場した「XK120」以来、"最も小さなモデル" とジャガーは言うが、全幅は2,048mmもある。これは次期XKのシャシーを、短くはしたけれど幅はそのまま使うからと思われる。全高は1,297mm、前後重量配分は50対50になるという。低くて短くてワイドなスポーツカーらしいプロフィールで、GT寄りのXKと棲み分けるようだ。
アストン・マーティンが「V8 ヴァンテージ」のときに使った手法を見習った、とも言えそうだが。

ジャガーの伝統とも言えるロング・ノーズの下に搭載さているのはスーパーチャージャー付き3.0リッターV型6気筒エンジン。380psの最高出力と45.9kgmの最大トルクを発揮する。
ユニークなのはZF製8速ATに電気モーターが組み込まれていることで、ステアリング・ホイールに設置された "オーバーテイク・ボタン"(「Push to Pass」ボタン)を押せば、このモーターが95psの出力と24.0kgmのトルクを発生して、加速時にエンジンをアシストするという。電力はブレーキによって発生したエネルギーを回収してシート背後に積まれたリチウムイオン・バッテリーに充電したものを使う。つまり現代F1でお馴染みの「KERS」と似た、エネルギー回生システムである。
これについては今年5月に発表されたウイリアムズ・F1チームとの提携が頭をよぎるが、今回のC-X16に関して言えば、その名前は今のところ挙がっていない。



軽量なアルミ製シャシーやスーパーチャージドV6とハイブリッド・ブースト機能により、C-X16は0-62mph(約100km/h)加速を4.4秒でこなし、最高速度は186mph(約300km/h)に達するという。
電気モーターのみによる走行も可能らしく、その際にはCO2を一切出さずに最高80km/hの速度で走れるそうだ。これが極めて有利に働くため、総合的に測定されたCO2排出量は165g/kmという、2リッタークラスのガソリン・エンジン車並みの数値を記録。燃費もかなり良さそうだ。

まだ価格について公式には明らかにされていないが、イギリスでは5万ポンド(約620万円)程度で販売されると見られており、「ポルシェ 911」が直接のライバルとなる。発売は来年後半になる模様。

ハイブリッド・システムを搭載することで、ポルシェ 911と比べると車両重量は重くなるが、ジャガーによれば1,600kg程度(911より200kg程度重いだけ)に抑えられると見積もっているらしい。その程度なら "KERSパワー" で一気に挽回できそう。ポルシェにとっては手強い相手となりそうだ。

現在公開されているビデオは、まだCGで描かれたものに過ぎないようだが、今月13日に開幕するフランクフルト・モーターショーの会場で実車が公開されたら、また画像をお届けする予定なので "英国スポーツカー派" の皆さんはお楽しみに。




関連リンク
―ジャガーから、新型スポーツカーが間もなく登場!
―ジャガー、ハイブリッド・スーパーカー「C-X75」の市販化を発表!
―【レポート】ジャガーFタイプの量産化が決定か!?


ジャガー C-X16の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!