シトロエンがフランクフルトに出展するコンセプトカー「TUBIK」はまさに未来のミニバン!
シトロエンは今月開催されるフランクフルト・モーターショーで、"本来の旅のよさを取り戻すためのデザイン"というコンセプトカー「TUBIK」を出展する。
シトロエンがフランクフルトに出展するコンセプトカー「TUBIK」はまさに未来のミニバン!
「TUBIK」は旧型のフォルクスワーゲン「トランスポーター」を思い起こさせるようなフォームではあるが、シトロエンが発表したイメージ画像から分かるように、未来的なイメージのワンボックスタイプのミニバンとなる予定だ。ドアは左右で開き方が異なり、コクピットスタイルになっている運転席の様子は詳しくは分からないものの、幻想的で色とりどりの照明が装備されている。室内はシートの向きを変えて幾通りかのパターンを楽しめる。窓が極端に少ないのは気になるところだが、運転席からはカメラとモニターを使い、外が見やすくなっているのではないかと想像される。

この型破りのコンセプトカーについての新しい情報が入り次第、引き続きお伝えしよう。プレスリリース(英語)もチェックしてほしい。

Related Gallery:McLaren X-1 Concept


関連リンク
【ビデオ】新型クロスオーバー、シトロエン「DS5」が上海モーターショーでデビュー
シトロエンがDS4のハイブリッドモデルを開発中か?
シトロエンと『グランツーリスモ』が共同開発した「GT byシトロエン」は生産中止?!
- 自動車保険一括見積もり