【ビデオ】48年にわたる「ポルシェ 911」の進化を、たった2分で振り返る!
歴代ポルシェ911のビデオを観るには上の画像をクリック

ポルシェは新しい「911」の発表に際して、1963年に誕生した初代モデル「901」型から最新の「991」型まで、50年近く続いているこのリア・エンジン・スポーツカーの歴代モデルを振り返るビデオを制作。YouTubeの公式チャンネルで公開している。

ポルシェが、初の量産スポーツカー「356」の後継モデルとして、エンジンのシリンダー数を2本増やして大幅にグレードアップした「911」を発表したのは1963年のこと。以来、車体後部にエンジンを積むという個性的なレイアウトは変わることなく、現代までその血脈は続いている。


その初代は開発コード「901」と呼ばれるモデル。真ん中に「0」が入った3桁の数字はプジョーが商標登録していたことから、「911」と改めなければならなかったというエピソードは有名だ。
エンジンは排気量2.0リッターの水平対向6気筒。ホイールベースが2,211mmと短いこと、そしてフェンダーに膨らみのないほっそりしたボディが初期モデルの特徴で、通称「ナロー・ポルシェ」などと呼ばれたりする。356より車幅が狭かったからこう言われるようになったらしい。


1970年代を代表するモデルとしてビデオに登場するのは「G モデル」。ボディにはアメリカの安全基準に合わせて大型のバンパーが付けられ、外観の印象が大きく変わった。エンジンの排気量は2.7リッターに拡大される。
この頃、ポルシェは積極的に911でレースに参戦。超ワイドに張り出したフェンダーや大型のリア・ウイングを持つレース仕様車「カレラ RSR 3.0」がサーキットで活躍した。ターボ・モデルが市販されたのもこの時代だ。
この通称「ビッグ・バンパー」と呼ばれる911は、排気量とパワーとフェンダー幅を増大させながら、15年間も作り続けられた。


そして1980年代。と言ってもその終わりの頃の話だが、911に初めて大掛かりなモデル・チェンジが施される。
1989年に登場した「964」型は足回りの形式等が一新され、4輪駆動の「カレラ4」や、マニュアルシフト・モード付きAT「ティプトロニック」が設定されたこと、そしてパワー・ステアリングの採用などから日常的な使いやすさが増し、新しいユーザー層を獲得した。エンジンの排気量は3.6リッターにまで達している。


続いて1993年には「993」型へと進化。リア・サスペンションにマルチリンクを採用することで運動性能が向上するとともに全幅が拡大。ヘッドライトが寝かされ、911の特徴でもあった「カエル顔」は薄まったが、「空冷911の完成形」とも言えることから今でも人気は高い。通常のターボ・モデルは4輪駆動化されると同時に、あえて2駆+ターボの「GT2」が登場。レースで大活躍し、公道仕様モデルも市販された。


'90年代以降、911がモデル・チェンジされるサイクルは'60〜'80年代とは打って変わって早まり、1997年には「996」型が登場。30年以上拘り続けた空冷エンジンと決別し、いよいよフラット・シックスが水冷化される。ようやくDOHCヘッドを備えることが可能になった。排気量は若干縮小されて3.4リッターへ。ヘッドライトは弟分の「ボクスター」と共用する事情からさらに変化し、もはや「丸目」でもなくなった。


今のところ(2011年9月)現行モデルである「997」型が発表されたのは2004年。996型のモダンな顔と比べると先祖返りしたような楕円形のヘッドライトが採用された。全幅はますます拡大し1,800mmを突破。標準モデルの「カレラ」と高性能版「カレラ S」で排気量の異なる2種類のエンジンを使い分け、さらにそれぞれ4駆のカレラ4があるなどバリエーションは増殖し、モデル末期の現在、限定車等をのぞく通常モデルだけでも16種類がラインアップされている。
ビデオではクロノパッケージ装着車のローンチ・コントロール機能によるスタートが紹介されている。


そして間もなく「991」型と称される新型911が登場。13日に開幕するフランクフルト・モーターショーで実車が公開される予定だ。

ポルシェは今まで、このようなモデル・チェンジの機会に限らず、1年単位で911を改良・改善・進化させてきた。だから「最新の911は最良の911」などと言われるわけだ。
だが、そのスタイルの変化や味わいの部分において、個人的に選ぶとしたら、「最新の911が最愛の911」になるとは限らない。「ナローの形が好き」という人や「空冷最後の993が欲しい」という方もいらっしゃるだろう。

あなたのお好みは歴代911の中でどのモデルだろうか?





関連リンク
―ポルシェ、 新型「911」を正式発表! 動力性能・燃費・ 価格も(?)向上!
―「最新のポルシェが最良のポルシェ」なら、このナロー・ボディはいかがですか?
―ポルシェの祭典、ダナポイント・コンクール・デレガンスが開催
―スティーブ・マックィーンの元愛車で、あの映画にも登場するポルシェ 911が高値で落札!


38年間に作られたポルシェ 911の中古車を探すならこちらから!