【ビデオ】インディカーに新たに加わったボルチモアGPの市街地コースを体験!
今月4日、メリーランド州ボルチモアの市街地コースで、IZODインディカーシリーズ第14戦ボルチモアグランプリが初開催された。この新しいGPの開催を盛り上げるために、コースをCGで再現したビデオが公開されたのでご紹介しよう。レースは終わってしまったが、良くできたCGなので、きっと楽しめるはずだ。

このコースの特長は、何といっても最高速度が約290km/hに達するといわれている長いホームストレートだ。また、市街地コースならではの荒い路面状況に対応しなくてはならないため、各チームやドライバーはかなり気を使ったことだろう。

では、順番にコースをチェックしてみよう。まず、スタート地点のストレートから鋭角な右ターンに入ると、その先にはターン3の180度のヘアピンカーブが待ち構えている。遅めのブレーキングでスピードを保持しながらアタックすれば、オーバーテイクの可能性があり、良いポジションを保てるポイントでもある。次に、ターン5~7にかけてはドライバーの腕の見せ所となるが、同時にコントロールを失う可能性が大きい。立て続けに迫ってくるこの3つのターンをうまくこなすと、最高速度約200km/hのストレートラインへと続く。

では早速、見どころ満載のボルチモアグランプリの市街地コースをビデオでチェックしてみよう!



関連リンク
2014年からのロシアGPが正式決定!
【ビデオ】F1韓国GPのサーキットを映像で紹介!

F1アメリカGPのロケーションが公開!
- 自動車保険一括見積もり