【ビデオ】トヨタがニュルブルクリンクのEVラップレコードを更新!
トヨタの電気自動車「TMG EV P001」が、ニュルブルクリンク北コースでEVの最速記録を打ち立てた。ラップタイムは7分47秒79で、今年初めにプジョーEX1」が打ち立てた9分1秒33の最速記録(プジョーのビデオはこちら)を大きく更新した。トヨタは挑戦前に「7分台」という目標を掲げていたが、それも見事に達成した形となった。英国車のラディカルSR8が記録した市販車の最速タイムである6分48秒には遠く及ばないものの、日産「GT-R」ポルシェ「911ターボ」にはすでに肩を並べたと言ってもいいだろう。

トヨタのレーシング部門であるトヨタ・モータースポーツGmbH(TMG)は、来年から「EV P001」の動力部の販売を開始するが、今回の結果がセールスの後押しすることは間違いない。「EV P001」の動力には、ドイツrational motion社の電動パワートレーンと、イギリスEVO Electric社のモーターが使用されているが、TMGのエンジニアリング部門を率いるパスカル・バセロン氏が「今回の挑戦から、エンジンを改良する上で有益な情報を数多く得ることができた」と語っていることから、さらなるバージョンアップも期待できそうだ。

EVの技術は日々進化しているため、トヨタの記録が破られるのは時間の問題と思われるが、トヨタもそう易々とトップの座を明け渡しはしないだろう。まずは今回の記録達成の瞬間を、ビデオでじっくりご覧いただきたい。



Related Gallery:Toyota EV lap record at Nurburgring Photos


関連リンク
【ビデオ】新型「カムリ」のCMを3本まとめて紹介!
【レポート】プリウスのPHV、北米での納車は来年2月から
トヨタが2012モデル カムリのティーザー画像を公開...今度はテールライト!
カムリの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!