【オフィシャル】新型「ディフェンダー」のコンセプトカーがフランクフルトでデビュー!
オフロード車のアイコン的存在であるランドローバー「ディフェンダー」がついに生まれ変わる。長年、世界中で愛されてきた車だけに、モデルチェンジにはかなりの苦労が伴ったと思われるが、画像を見る限りランドローバー会心の作と言えるのではないだろうか。また、既存のディフェンダーと同じく、新型にもランドローバーの最先端技術が取り入れられているのは間違いない。市販は2015年を予定しているそうだ。

2015年まで待てないファンのために、今月のフランクフルトモーターショーで市販前のコンセプトカーが披露される。コンセプトカーの名前は「DC100」。画像とプレスリリース(英語)はすでに公表済みだ。画像を見たところ、外見はトヨタ「FJクルーザー」をほうふつとさせるが、どちらかといえば雪山よりカリフォルニアのビーチの方が似合いそうなルックスだ。日本でもファンが多いディフェンダーだが、排ガス規制のため、車検を通すことができなくなり、泣く泣く手放した人も多いだろう。新型の発売にいまから期待したい。

関連リンク
ディフェンダー110に電気自動車モデルが登場!!!

ランドローバーが【新型ディフェンダー】の開発に着手か?!
fatlaceマーク・アーセナル氏のS14がリニューアル!!!
- 自動車保険一括見積もり