ハイパフォーマンスカーを手に入れたからといって、それを乗りこなす運転技術が自然と身に付く訳ではない。そこで注目したいのが、メルセデス・ベンツとその高性能モデルを手がけるAMGが世界各国で運営する「AMGドライビングアカデミー」だ。

同アカデミーは、AMGが中心となって運営しており、車の性能を最大限に引き出すためのドライビングテクニックを顧客に伝授している。教習プランは、集中コースの「ベーシック・トレーニング」(1日間、約12万円)、ワンランク上を目指す「アドバンスト・トレーニング」(2日間、約23万円)、総合的に学べる「プロ・トレーニング」(3日間、約28万円)の3種類から選べる。

そして今回、AMGドライビングアカデミーは教習内容の一部を紹介する10本のビデオシリーズを公開した。インストラクターを務めるのは、アメリカで開催されるツーリングカーレース「SCCAトランザムレース」で4度の優勝経験を持ち、テレビ司会者としても活躍するトミー・ケンダル。正しいシート調節といった基本的な注意事項にはじまり、ドリフト走行まで教えてくれる。

各ビデオとも、とてもためになる情報が3~4分程度に凝縮されているので、ぜひご覧いただきたい。目からウロコの運転知識が学べること請け合いだ。





















関連リンク
メルセデス・ベンツが新型「SLK55 AMG」を発表
【ビデオ】「C63 AMGクーペ」のパフォーマンス映像を3本まとめて紹介!
【ビデオ】米人気司会者が「SLS AMG ロードスター」に試乗し大興奮!
AMGの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!