パワーは驚異の1369ps! アメリカ製スーパーカー「トゥアタラ」がデビュー!!
先月、中国の上海でシェルビー・スーパーカーズ(SSC)社が公表した新型スーパーカー「トゥアタラ」。この車が、カリフォルニア州モントレーにあるペブルビーチで披露された。

SSC社2台目のスーパーカーとなるトゥアタラのデザインを担当したのは、フェラーリP4/5ピニンファリーナを手がけたジェイソン・カストリオタ氏。写真に写っているのはコンセプトカーだが、生産車にはカーボンファイバー製のサブフレームやワンピースホイールが装備されるという。搭載されるエンジンはSSCがすでに発売している「アルティメットエアロ」のようなGM製をベースにしたものではなく、新しく製造される7リッターV8ツインターボエンジンで、驚異の1369psを発揮する。インテリアは未完成の状態なのでコメントできないが、エクステリアは未来的でありながらも有機的で、キットカーのような外見だった「アルティメットエアロ」より遥かにカッコイイ。

SSC社の創設者、ジェロード・シェルビー氏の話では、トゥアタラにはすでに5台の前予約が入っているそうだ。同車の生産はワシントン州で行われ、年間16台の生産を目指しているという。納車は2013年初頭を予定しており、価格は1台7640万円超になると見られている。

ツインターボを搭載した現行のアルティメットエアロは、2007年に時速414kmで世界最速記録を出している(2010年にブガッティが記録を更新)。シェルビー氏は、近々ニュルブルクリンクで行うテスト走行で再び新記録を樹立したいとコメントしている。ぜひとも朗報を期待しよう。

Related Gallery:SSC Tuatara at Pebble Beach Photos


関連リンク
4種類、10台のブガッティ・ヴェイロンが大集合!!!
インフィニティがスカイラインコンバーチブルの高性能モデルを発表
貴重な車がズラリ! モントレーの駐車場はまるでスーパーカーショー!!
トゥアタラの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!