スバル版「FT-86」の名称は「BRZ」に決定! 予告サイトも開設!
富士重工業は、トヨタ自動車と共同開発中の「FT-86」というコードネームで知られるFRスポーツカーに、「SUBARU BRZ」という名称を付けることが決まったと発表した。

この「BRZ」という名前は、「BOXERエンジン」の頭文字である「B」と、後輪駆動を表す「Rear Wheel Drive」の「R」、そして「究極」(Zenith)を意味する「Z」の3文字を組み合わせたものだという。

また、9月13日からドイツで開催されるフランクフルト・モーターショーには、その技術コンセプトモデルとして「スバル BRZ プロローグ-ボクサー・スポーツカー・アーキテクチャ II-」を出展することも合わせて発表された。これは今年3月にジュネーブ・ショーで展示された「ボクサー・スポーツカー・アーキテクチャ」の続編と思われ、より市販モデルに近い形でその "技術" を見せてくれるものと期待できる。

これに向け、富士重工業では本日23日12時より「スバル BRZ プロローグ」の特設サイトを開設。今のところ(23日午後)まだBRZのネーミングを説明する短いムービーが観られるだけだが、間もなくBRZ プロローグのティザー画像などが配信される予定だ。これは要チェック。
スバル BRZは、2012年春より生産を開始するとのこと。実車の公開は今年12月に開催される東京モーターショーの会場になると見られている。


トヨタ・ブランドから発売される「FT-86」がどんな名前になるか、まだ明らかにされてはいないが、今回の発表では、スバル・ファンとしては複雑なものを感じているのではないだろうか。
というのも、「BRZ」という3文字のアルファベットは、スバル「インプレッサ」の高性能モデル「WRX」との関連を感じさせる、というよりも、かつてトヨタが販売していた「カローラ レビン」のスポーツ・グレード「BZ-R」の方を思い出す(人も多いのではないかと思われる)からだ。そこまで思い当たらなくても、「何となくトヨタっぽいネーミング」と感じる人は少なくないのでは?

このスバル BRZは、トヨタが北米で展開するブランド「サイオン」から兄弟車が「FR-S」という、よく似た名前で発売されると見られている。トヨタ版の名称は「セリカ」になるのではないかという噂もあるが...そちらが発表されるのはもう少し先になりそうだ。

ちなみに富士重工業のブレス・リリースによれば、「BRZ」は「ビィ・アール・ズィ」ではなく、「ビィ・アール・ゼット」と呼ぶらしい。ホンダのハイブリット・カーからお乗り換えの方は、お間違えのないように。


SUBARU BRZ 特設サイト

【Source: 富士重工業


関連リンク
-透明感のあるスタイリングが魅力!?スバル版FT-86コンセプトモデル展示!
―スバル版「FT-86」には、ターボの付かない「STI」バージョンが追加される!?
―トヨタとスバルのスポーツカー「FT-86」、偽装も新たに(?)今度はアメリカに出現!


スバル BRZの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!