マット・ブラウンがシブい!ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP670-4 SV!!!
コンコーソ・イタリアーノには数百台の新旧様々なモデルのランボルギーニが集まります。ではどうやって目立てはイイのでしょう?派手なボディカラーにオールペンしますか?いえいえ、それでは他のランボルギーニと混ざって全く目立ちません。ランボルギーニの中で目立つには、ランボオーナーたちが誰もも塗らないようなカラーをチョイスする必要があります。そう、例えばブラウンのような。
 
ランボルギーニ・ムルシエラゴ LP 670-4 SVのようなスーパーカーに、ブラウンという地味な色は似合わないと思う方もいるでしょう。しかし、画像をご覧ください。ブラウンは見事にムルシエラゴにマッチしていると思いませんか?エッジの効いたボディラインは派手なカラーよりも強調されて見えます。
 
このクルマのオーナーであり、高級車を扱うキャッツ・エキゾチックスは、はじめはパールホワイトだったムルシエラゴをマット・ブラウンでラッピング。その理由は同店のディアブロ 6.0 SEと同じ色にするため。そう、このディアブロもブラウンなのです。 
 
マットブラウンのムルシエラゴの画像を観るにはココをクリックしてください。