次期クアトロポルテにはクライスラーやダッジ、フィアットのパーツが流用される!?
フィアット・グループのC.E.O.(最高経営責任者)セルジオ・マキオンネ氏がぶちあげたとてもアグレッシブなセールス目標を成し遂げるには、マセラッティはかなり思い切った行動に出る必要があります。マルキオンネC.E.O.はマセラッティの売上げが10倍になることを望んでいて、またそれを成し遂げるには次期クアトロポルテの助けが必要だと考えています。正確に言えば2台の次期クアトロポルテ、そう同氏は大型と小型、2タイプのラグジュアリー・セダンを計画しているようです。
  
マキオンネ氏は次期クアトロポルテにクライスラー 300ダッジ・アヴェンジャーのパーツや、またフィアットのマルチエア・エンジンなどを改良して採用する可能性もあります。またスーパーチャージャーを 搭載可能性も高く、最大出力は400馬力程度になるのではと見られています。売上げ10倍増は簡単ではありませんが、次期クアトロポルテの出来次第によっ てはそれも可能かもしれません。 

関連リンク
中国市場での需要拡大を受けマセラティが多くの新モデルを開発中?!
ビデオ】マセラティの現行モデルを美しい映像でご紹介!
小さなアルファ ロメオ、今年の「MiTo」は魅力を増した!?
- 自動車保険一括見積もり