ローマ法王から宇宙飛行士まで運んだ歴史的リムジンがオークションに
歴史あるイギリスの競売会社「ボナムズ」が、8月18~19日に米カリフォルニア州クエール・ロッジでオークションを開催する。そこで競売にかけられるのが、フォードの1964年型「リンカーン・コンチネンタル・リムジン」だ。

このリンカーンは、1965年にローマ法王パウロ6世が、法王として初めてニューヨークの国連を訪問した際に特別に作られたもの。製作を依頼されたのはシカゴのコーチビルダー、リーマン・ピーターソン(Lehmann-Peterson)社だ。全長6.4mもある巨大なリムジンのベースとなっているのはフォード「サンダーバード」。法王のパレード走行時にも使用されたこの車には、様々な特別仕様が施されている。乗降時の安全に配慮した手すりやステップの補強、法王のために高く設置された座面、拡声装置、取り外し可能な後部座席の幌、ルーフ全面に取り付けられた防護用ガラスシールドといった具合だ。

また、数年後に法王がコロンビアを訪問した際にもこのリムジンが使用されている。首都ボゴタが標高2600m超の高地に位置していることから、急きょ、コロンビア空軍がガソリン代わりにジェット燃料を提供するというエピソードもあったという。

しかし、「リンカーン・コンチネンタル・リムジン」の役目はそれだけでは終わらない。人類で初めて月面に降り立ったとされるニール・アームストロングをはじめ、アポロ8号、11号、13号、15号の宇宙飛行士たちを乗せてパレードを行っているのだ。

歴史的にも意味のあるリンカーン・コンチネンタル・リムジンの予想落札価格は、約1920~2680万円になるとみられている。

Related Gallery:1964 Lincoln Continental parade car Photos


関連リンク
【レポート】ベントレーが新開発のV8ターボのシングルとツインを準備中!

【ビデオ】"蔵の街" の大通りを、約50台のスーパーカーが占拠!
インターネット・ラジオPandoraがこれからの標準装備!?
- 自動車保険一括見積もり