トップギアが『問題のエピソード』を放映、批判に対し反論する!
ネタばらしをする気はありませんが、BBCにて先日放映されたトップギアのエピソードについては一言いわざるをえません。このエピソードの中でホストであるジェレミー・クラークソンとジェームス・メイはそれぞれ、日産LeafプジョーiOnという電気自動車を相棒に選び街中へと連れ出しました。
  
2台の電気自動車はわざと電池切れを起こさせられ、街中で充電ステーションを見つけることがどれだけ難しいかに焦点を当てた番組構成になりました。クラー クソンはLeafについて普通のクルマと同じように運転できるとコメントしたり、またメイはiOnをポルシェ911と比較するなど、高評価だったようで す。
 
しかし、イギリスのThe Time誌は電気自動車の描写について問題があると報道。BBCは2008年に、電気自動車メーカーのテスラから裁判を起こされた事もあります。これにつ いてトップギアのエグゼクティブ・プロデューサーであるアンディ・ウィリアムは、番組もホストも、2台の電気自動車のメーカーが示している連続航行距離に 疑問を持ったことも、また「その連続航行距離が間違っている」としたこともないとコメント。トップギアはエンターテイメント番組なので面白く演出するのは 当たり前ですが、演出として許されるのはどこまでなのか、難しい問題です。

関連リンク
【レポート】英のF1ファン激怒! マードックが放映権を獲得し、来季から有料放送に
【ビデオ】「MP4-12C」が「458イタリア」に圧勝! マクラーレンは歴代2位の好ラップを記録!!
次は日本?!【トップギア】の韓国版がスタート!
- 自動車保険一括見積もり