【ビデオ】なぜ!? 家の中をコブラでドリフトするおじさん!
どんなに凝ったフローリングも、月日がたつとどれも同じような板の床に見えてくる。このシェルビー・コブラ(レプリカの可能性が高いが...)のオーナーも、自宅のフローリングに飽きてしまった違いない。そこで"リフォーム"を施すことに決めたようだ。彼が何を意図していたかは定かではないが、ともかく愛車のコブラでオリジナルテイスト満載のフローリングが完成した。