英BBCの人気番組『トップギア』が、
イギリスの人気番組『トップギア』がまたもや窮地に立たされている。番組の撮影中、出演者のジェームズ・メイとジェレミー・クラークソンが、障害者用駐車スペースに日産「リーフ」を駐車した件が問題となっているのだ。

これまでにも様々な問題を起こしている『トップギア』だが、Webサイト『Perth Now』によれば、同番組のプロデューサー、アンディ・ウィルマンは、「静かな場所で撮影したかったため番組スタッフが障害者用駐車スペースの使用許可を取った」と説明。また撮影中は他に3つの障害者用スペースが空いており、万が一すべてのスペースが埋まった場合は、リーフを移動するつもりだったという。

またウィルマンは、ジェームズジェレミーの2人に非はないとしている。2人はむしろ、撮影前に障害者用スペースを使用することに難色を示していたが、ウィルマンの「映像では障害者のマークが見えないように配慮する」との説明を聞いて撮影に臨んだらしい。しかし結局マークは画面上に現れてしまい、今回の騒ぎに至ったのだ。騒ぎの責任は、すべてウィルマン自身とスタッフにあるようだが、人気番組だけに配慮に欠けた行動は慎んでほしいものだ。

関連リンク
【ビデオ】「MP4-12C」が「458イタリア」に圧勝! マクラーレンは歴代2位の好ラップを記録!!
次は日本?!【トップギア】の韓国版がスタート!
高級車、レース、破壊!トップギア新シリーズの放映開始日程が決定!
- 自動車保険一括見積もり