【ビデオ】EVよりもエコ!? 木を燃料にして走る車!
乗り物とテクノロジーを扱うAOLのウェブサイト『トランスロジック』が、木を燃料にして走る車「Beaver XR-7」に試乗した。この車は代替燃料を研究開発しているアメリカの企業Beaver Energy, LLCが製作したもので、フォードの「マーキュリー クーガー XR-7」をベースにしている。搭載されている4.6リッターV8エンジンは、木くずを圧縮したペレット燃料を1300度の高温で発酵させる際に発生する水素や二酸化炭素、メタンガスで動かしているという。

ちなみに走行性能は、ガソリン車にまったくひけを取らないらしい。そして何と言っても最大の魅力は、高いガソリン代を払うことなく、燃料を自分で作ることができる点だろう。反面、多数のパイプがトランクの上を占領してしまっていることが、唯一の欠点だと言える。

環境派もしくは映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンのファンなら、きっとこの車が気に入るはずだ。ぜひビデオでBeaver XR-7の走りをご覧いただきたい。



関連リンク
【レポート】マーキュリーの生産がついに終了! 最後はリンカーンを上回る売り上げに
【ビデオ】ジェットパックで海の上を空中散歩!
【ビデオ】レクサス「LFA」の驚きの最新テクノロジーを紹介!

- 自動車保険一括見積もり