BMW、サブブランドから
BMW i3の高解像度ギャラリーは上の画像をクリック

BMWは29日、環境を意識した新たなサブ・ブランドから2台のコンセプト・モデル「i3」と「i8」を発表した。まずはシティ・カーとして位置づけられている「i3」からご紹介しよう。

4人乗りのコンパクトなハッチバック「i3」は100パーセント電気自動車。リアに搭載された電気モーターが170psの最高出力と25.4kgmの最大トルクを発生し、1速ギアボックスを介して後輪を駆動する。同じBMW製の電気自動車である「MINI E」で使われているモーターよりも40パーセントも小型化されているそうだ。0-60km/h加速は4秒以下、0-100km/h加速が9秒以下、そして最高速度は150km/hに達するという。リチウム・イオン・バッテリーは家庭用コンセントでフル充電するには6時間かかるが、急速充電器につなげば1時間で80パーセントまで充電可能だ。

i3の全長は3,854mmと短いが、全高は1,537mm、全幅は2011mmにもなるという。ホイールベースは2,570mmだ。同じEVということで「日産 リーフ」と比べてみると、全長は60cm近く短く、全幅は40cm近く広い。

車体は「ライフドライブ」アーキテクチャーと名付けられ、車体上部の「ライフ」部分と下部の「ドライブ」部分に大きく分かれる構造となっている。
「ライフ」部分はカーボンファイバー製セルから成るキャビンで、乗員の "ライフ" を受け持つ。主にアルミニウムで構築された「ドライブ」部分には、サスペンションやドライブ・トレインが含まれる。軽量な素材を多用する設計のおかげで車両重量は1,250kgに留まるという。MINIのスチール製モノコックをそのまま使ったMINI Eに比べると200kg近く軽い。

基本的には都市部などの近距離移動用として考えられているi3だが、航続距離に不安を感じる人のために、いわゆるレンジ・エクステンダー(航続距離延長装置)仕様も用意される予定だ。これは3気筒ガソリン・エンジンを "発電機" として搭載し、バッテリーの消耗具合によって(ガソリンを燃やして)電気を供給しながら(もちろんモーターで)走行できるというもの。エンジンは積んでいても「100パーセント電気自動車」というのはだから嘘ではない。

発売は2013年、価格は2万ポンド(260万円)は超えると見られている。

i3と同時に発表されたハイブリッド・スーパーカー「i8」についてはこちらの記事をどうぞ!


Related Gallery:BMW i3 Concept
BMW i3 ConceptBMW i3 ConceptBMW i3 ConceptBMW i3 ConceptBMW i3 ConceptBMW i3 ConceptBMW i3 ConceptBMW i3 Concept




関連リンク
―BMW、ハイブリッド・スーパーカー「i8」を発表!
―BMW i3、気になる価格は290万円、航続距離は260キロ!!!
―日産、電気自動車「リーフ」を正式発表! 気になる "燃料費" は?


BMW i3の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!