【ビデオ】ベッテルとウェバーが、日産「フーガ」に乗りニュルブルクリンクで対決!
毎年F1ドイツGPが開催される、ドイツ・アイフェル地方にあるニュルブルクリンク。現在レースで使用されているのは南コースのみで、「グリーン・ヘル」と呼ばれる超難関の北コースは1976年の大事故(ニキ・ラウダが瀕死の重傷を負った)以来、使用されていない。しかしF1ドライバーのセバスチャン・ベッテルマーク・ウェバーは、今月24日に開催されたドイツGPの合間に、北コースを走るチャンスに恵まれた。

2人は所属するレッドブル・レーシングのスポンサーの一つであるインフィニティの「Mシリーズ」に乗り込み、北コースで勝負を行った。ウェバーのモデルはスポーツセダンの「M37S」(日本名:日産「フーガ」)、ベッテルのモデルはハイブリッドの「M35h」(日本名:日産「フーガハイブリッド」)だ。

インフィニティは、M35hは世界で最も速くてパワフルなハイブリッドセダンだと公言している。さらに0-100km/h加速が、M35hが5.9秒以下であるのに対し、M37Sが6.2秒であることを考えると、この勝負はベッテルに分があるように思えるが、実際はどうだったのだろうか。注目の対決を、ぜひビデオでご覧いただきたい。



自分でも日産フーガに乗ってニュルで対決したい...思い立ったらまず中古車値段を確認!!!

関連リンク
F1ドライバーのベッテルが自身のドラテクを解説! 【ビデオ付き】
インフィニティがベッテルを国際ブランド大使に任命!!!
【ビデオ】アストンが「V12ザガート」でニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦!
レッドブルオーナーがチーム全員に高額ボーナスを支給!

【お願い!】Autoblogの読者アンケートに答えてください!!!