模型メーカーのタミヤが、黄色い「レクサス LFA」の実車を展示!
模型メーカーの株式会社タミヤは、本日7月28日(木)から8月2日(火)まで、東京都の「東武百貨店池袋店」にて「タミヤモデラーズギャラリー」を開催している。Autoblog的な見どころは、日本が誇るスーパーカー「レクサス LFA」の実車が展示されていることだ。

これまで何度もご紹介しているが、レクサス LFAはトヨタが「世界に誇れるトップレベルのスーパー・スポーツ」を作ろうと、持てる技術の全てを注ぎ込んで開発した純日本製スーパーカー。フロントに置かれる4,805ccのV型10気筒エンジンは560psを発揮し、0-100km/h加速は3.7秒以下、最高速度325km/h以上という性能を誇る。

生産台数は世界限定わずか500台、日本で販売される台数は165台に過ぎないから、なかなか目にする機会はないはず。
これまでにも東京モーターショーの会場やお台場の「メガウェブ」にて展示されることはあったが、いずれもボディ・カラーは白。今回タミヤが展示しているLFAはイエロー・ボディなので、以前ご覧になった方も、お近くなら足を運んでみられてはいかがだろう?

現在、我が国の自動車保有台数はざっと7,900万台。ということは、街中で目の前を通り過ぎる1台のクルマがLFAである確率は約48万分の1。(確率だけでざっくり言えば)48万台のクルマを見て、その中にやっと1台、LFAがある(かも知れない)という計算になる。
「幻の名車」と言われた「トヨタ 2000GT」でも、国内向けとして218台が生産されたことを思えば、レクサス LFAはその大先輩よりさらに "マボロシ度" が高いということがお分かりだろう。

「タミヤモデラーズギャラリー」では、実車のLFAの他にも、各種スケールモデルやRCモデルの展示、プラモデルの塗装実演、ミニ四駆競技会の開催などがあるそうだ。また、イベント会場限定で販売される商品もあるようで、中でも1/10 RCモデル用「アルファ ロメオ155 V6TI」や「ポルシェ911 GT2」のボディ・セットは探しておられた方もいるのでは?

開催日時は7月28日(木)〜8月2日(火)の午前10時から午後8時(最終日は午後5時まで)。場所は東武百貨店池袋店 本館8F催事場(1〜3番地)で、入場は無料だ。

詳しいイベント内容はタミヤ公式サイトの以下のページからどうぞ。

「タミヤモデラーズギャラリー」


Related Gallery:Lexus LFA


Related Gallery:Tamiya 1/24 Lexus LFA



関連リンク
―タミヤから、1/24プラスチックモデル「レクサス LFA」登場! プロによる製作現場の生中継も!
―レクサス LFA、メガウェブにて展示中!
―【東京モーターショー】レクサス「LFA」の値段は3750万円!