【ビデオ】アルピナ B6 GTがタイヤバリアをジャンプしトイレに激突!
サーキットのタイヤバリアは安全のために設置されています。しかし、どんなアクシデントにも対応できるかと言えば、当然答えはノーです。たとえばタイヤバリアーの上をジャンプして仮設トイレに突っ込むようなクラッシュには対応できないでしょう。信じられないかもしれませんが、先週末ニュルブルクリンクで行われたADAC GTマスターズ選手権でそれは起こりました。
  
スタートして間もなくアレックス・プレナグルのドライブするアルピナ B6 GTはバリアーを乗り越え、BMWの看板を横切り、サーキット脇に設置されていた仮設トイレをなぎ倒しました。不幸中の幸いでトイレには誰も入っていな く、またアレックス本人も重症には至りませんでした。
 
サー・ジャッキー・スチュアートはニュルブルクリンクで頻繁に起きる大クラッシュを見て『緑の地獄』というあだ名をつけました。それほど攻略が難しいサー キットなのです。今回のクラッシュで同サーキットがどんなニックネームを付けられてしまうかは定かではありませんが、とにかく観客やスタッフ、ドライバー に怪我がなかったのが不思議なほど激しいクラッシュだったことは確かです。
 
ニュルブルクリンクでおきたクラッシュ映像を観るには下の動画をクリックしてください。



- クルマが大破してしまった、そんなときのことも考えて―...自動車保険一括見積もり

関連リンク
【スパイ画像】正式発表は3カ月後!?2013年BMW 6シリーズ・グラン・クーペ!
【ノスタルジック2デイズ】BMW公認チューナー「アルピナ」初期の作品!
【ビデオ】ニュルブルクリンクが548億円の赤字を抱え、存続の危機に!