BMWがサンフランシスコの地下鉄をスタイリッシュに変身させる!
米ウィスコンシン州のモントリオールでは、バス(Bus)、地下鉄(Metro)、徒歩(Walk)という移動手段を、それぞれの頭文字をとってBMWと呼んでいたらしい。もちろんこれは単なるジョークだが、今回、本家本元のBMWがサンフランシスコの地下鉄の新デザインを担当するという情報をゲットしたので、さっそくお伝えしたい。

BMWに地下鉄の新デザインを依頼したのは、サンフランシスコの地下鉄の管理を行っているBay Area Rapid Transit(BART)社。実はBARTが使用している車両は米国内の他の地下鉄に比べ、車両が古く、老朽化が目立っていた。そこで、BMWグループの「デザインワークスUSA」に依頼して、すべてを一新することにしたらしい。契約には、車両のエクステリアやインテリアのデザインのほか、操縦室のコントロールシステムや44あるBARTの駅で使用されているインフォメーションシステムのアップデートが含まれているという。

BMWグループ「デザインワークスUSA」が車両を手がけるのは、これが初めてではない。以前にも、ドイツを本拠とする電気・エレクトロニクスにおけるグローバル企業、シーメンスと共に、ポーランドのワルシャワを走る地下鉄をデザインしたことがあるのだ。上の画像がそのときのデザイン画だが、果たして今回はどのようなものになるのか? 続報を期待するとしよう。

BMWの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べてみませんか
【お時間ある方】Autoblogの読者アンケートに答えてください!!!

関連リンク