これが最高出力110万馬力の世界一のディーゼルエンジンだ!
中国から北米への海上輸送には、全長約400メートル、重量170,974トンという超大型貨物船が使われている。この超大型船は、20フィート型コンテナを11,000個積載した上でも、31ノットという脅威の速度を出すことができるという。一般的なクルーザーの航行スピードが20ノットであることを考えると、この船にどれだけのパワーがあるかがお分かりいただけるだろう。

このパワーを生み出しているのは、世界一の大型ディーゼルエンジン「バルチラ・スルザー RTA96-C」だ。最大で110,000psを超える出力を誇るRTA96-Cは2006年、エマ・マークス号に初めて搭載され、重量は2300トン、全長は約27.4メートル。高さは約13.4メートルで4階建てのビルほどの高さがある。14気筒のディーゼルエンジンが内蔵されており、それぞれ1回転毎に約184グラムのディーゼル燃料を消費するそうだ。

現在、25基のRTAエンジンが世界の海を航行しており、さらに86基が製造中らしい。RTAエンジンを積んだ船の中国からロサンゼルスまでの所要日数が、競合する他の船舶より4日も短いというから、更なる需要が見込まれるのも不思議ではないだろう。

Related Gallery:Wartsila-Sulzer RTA96-C Photos
Wartsila-Sulzer RTA96-C PhotosWartsila-Sulzer RTA96-C PhotosWartsila-Sulzer RTA96-C PhotosWartsila-Sulzer RTA96-C PhotosWartsila-Sulzer RTA96-C PhotosWartsila-Sulzer RTA96-C PhotosWartsila-Sulzer RTA96-C Photos


- 自動車保険!!! 一括見積もり

関連リンク
メルセデス・スプリンターの売上げが倍増した理由!
渋滞するロンドン市内で、「アルファ ロメオ vs 人間」のレースを開催!
【スパイショット】BMWのプラグインハイブリッド・スポーツカー「i8」を極寒の地でキャッチ!