マイク・ライアンは普通の人とはちょっと違ったセンスと行動力の持ち主かもしれません。彼は2008年モデルのフレイトライナー・カスケディアをベースに、1,950馬力もあるガルフカラーのレースカーを作りあげてしまったのです。当然バーンナウトは大得意のようです。さらにライアンは1万ポンドもの重さのあるコンボイ・レースカーと共に世界で最も過酷とされているヒルクライムレースに参戦しました。ライアンは今年、マウント・ワシントン・クライム・トゥ・ザ・クラウドというヒルクライムレースに参戦し、その際カメラ数台をクルマに取り付けました。
 
その結果、我々はライアンの視点でこの巨大なレースカーがどのようにしてアスファルトやダートの峠道を駆け上がって行ったのかを観ることができます。特にウェット路面での限界ギリギリの走行は見物です。ビデオを観るにはココをクリックしてください。 



自動車保険一括見積もり

関連リンク
【ビデオ】1325psのモンスターマシンで、世界一過酷なヒルクライムレースに挑む!

【ビデオ】世界で最も有名なヒルクライムレースを味わう!
【ビデオ】美しく壮大な景色に注目! 南CAからコロラドまでの1800kmを「911GT2RS」でトリップ!