2014年からピットレーンでのモーター走行が義務化へ F1新レギュレーション発表
これまでのF1といえば、巨額の資金を投入し、いかに速くマシンを走らせるかが重要なスポーツだったが、環境への配慮が叫ばれる今、F1のあり方も除々に変わりつつあるようだ。F1を運営する国際自動車連盟(FIA)は、さらに環境を意識した2014年のレギュレーションの概要を発表した。

環境といえば、すでに導入されているKERS(運動エネルギー回生システム)などが挙げられるが、今回発表された新レギュレーションの中には、現行のV8エンジンに代わってエンジン回転数が15,000rpmに制限された1.6リッターV6エンジンへの変更が盛り込まれている。

さらに、「ピットレーン走行時は、常に電気モードを使用しなければならない(エンジンの点火は禁止)」と記されている。そして、この電気モーター使用の義務付けを受けて、KERSで使えるパワーは(2014年以降の名称は「ERS」へ変更)これまでの60kWから120kWへと拡大される(詳しい公式PDFはこちら)。

その他、現行ではマシンをスタートさせる際、外部のスターターを使用するが、新規制ではドライバーがコックピット内より自らエンジンをスタートさせることが記されている。

タイヤ交換でマシンがピットに入ってくるたび、その力強いエンジン音にほれぼれしたものだが、今後はその音が聞けなくなるのは残念だ。しかし、環境への影響を考えれば、これも時代の流れというものなのだろう。

【PR】 いくら安全と思っても危ないときだってある! 自動車保険の一括見積もりを

関連リンク
【次期911情報①】 ポルシェがハイブリッドモデルを否定!

【ビデオ】セバスチャン・ベッテルが今季からF1に導入されたKERSと可変リアウィングを解説
新たに追加されたF1アメリカGPは来年6月17日に開催!