渋滞するロンドン市内で、「アルファ ロメオ vs 人間」のレースを開催!
アルファ ロメオ MiTo 対 ヒトの高解像度ギャラリーは上の画像をクリック

アルファ ロメオ
のイギリス法人は、混み合うロンドンの街中で4マイル(約6.4km)の距離を「クルマ対ヒト」で競うレースを開催。イギリスの有名な自動車バラエティ番組からヒントを得た(パクった!?)と思われるこの企画、果たして勝つのはどっち!?

かつてイギリスBBCの人気番組『トップ・ギア』では、通勤時間帯のロンドンで、マラソン・ランナーとフィアットの小型車「パンダ」が42.195kmの距離を競走するという企画を行ったことがある。日本でも放映されたのでご覧になった方は多いと思うが、この時の勝者は「ヒト」。これを観たフィアットはクルマの沽券に関わると思ったのか、今度はパンダよりも高性能なアルファ ロメオのスモール・ハッチ「MiTo」を投入して来た。しかもコースはだいぶ短く設定されている。これで負けたらロンドン市内における自動車販売は大きな打撃を受ける、かも知れない。

気になるレースの結果だが、実はまだ公開されていない。現在、アルファ ロメオ UKではFacebookの公式ページで、どちらが勝つかを予想する投票を受付けており、正解者の中から抽選でアルファ ロメオのチェントロ・スティーレ(デザイン・センター)がデザインしたマウンテンバイク「ストラダーレ」がプレゼントされるそうだ。

結果予想の参考までに記しておくと、「ヒト」の代表としてロンドン市内を走るのは、1998年のヨーロッパ陸上選手権400m走で金メダルを獲得したイワン・トーマス選手。片やアルファ ロメオ MiToのステアリングを握るのは、2010年ヨーロッパ陸上選手権110mハードル走の金メダリストであるアンディ・ターナー選手。男子走幅跳のクリス・トムリンソン選手がナビゲーターを務める。

トーマス選手は、このレースについて次のように語っている。
「私は "400m走" の選手であって "4マイル走" は専門じゃないけれど、でもまあやれると思うよ。自分のペースを守って、崩さないようにしないとね。たくさんの観光客に道を塞がれなければいいのだけれど。まだまだ闘争本能はあるからね、勝つよ」

現在公開中の動画は、3Dによるコース説明(ロンドンという土地に明るい方は参考になるかも)と、両者が出発地点に集まりレースがスタートするまでの様子。18日に次の動画が公開される予定だ。
そうして少しずつレースの途中経過を見せて行き、ゴールの模様は8月5日にロンドンで開催される「IAAF ダイヤモンド・リーグ」イギリス・グランプリの会場で巨大スクリーンに映し出され、そのとき、どちらが勝ったのかが明らかにされることになっている。



果たして、85馬力の1.3リッター直噴ターボ・ディーゼル・エンジンを搭載するアルファ MiToは、37歳の陸上競技選手に勝てるだろうか!?
ロンドン市内の道路交通事情をよく知る人には、MiToに勝ち目がないという意見が多いようだが...。
投票は以下のfacebookのページから。「いいね!」を押さないと応募できないのでご注意を。

Alfa Romeo UK official Facebook page "Man vs MiTo"


Related Gallery:Man vs MiTo



関連リンク
―【ビデオ】必見! 英人気番組『トップギア』の最新エピソードをフルバージョンで楽しめる
―小さなアルファ ロメオ、今年の「MiTo」は魅力を増した!?
―アルファ ロメオ「MiTo」に、伝統のマークが付いた高性能版が登場!



アルファ ロメオの中古車検索ならこちら