whats-better-than-green-cars-some-european
先進国ではハイブリットカーやEVの導入を進め、環境問題に対応しようとしているが、スイスでは市街地から車そのもの締め出し、より環境にやさしい街づくりをしようという計画が進行中だ。

スイス最大の都市、チューリヒの交通計画の担当者は、政治や環境問題を扱う『マザー・ジョーンズ』誌のインタビューに、「歩行者のスペースを広げ、運転しにくい街づくりを目指したい」と答え、市街地の駐車場の削減、市街地に乗り入れる車からの料金の徴収、赤信号の回数を増加といったドライバーにフラストレーションを与える都市計画を構想中だと話している。

日本やアメリカに住む読者の皆さんは、「こんな政策を地元が取り入れるはずがない」と思うかもしれないが、地球温暖化と不安定な原油価格が続けば、今後、チューリヒに続く都市が出てくる可能性もある。

Related Gallery:


道路幅を狭くしたら事故やクルマを痛めてしまうことが増えてしまいそう! そんな時のために自動車保険を!

関連リンク
―【ビデオ】助かったのが奇跡! クビサの大事故を再現!!
―【ビデオ】超珍映像! レース中に倒れたバイク同士がダンス?
―世界一美しいガソリンスタンドがイタリアにオープン!