video-chevy-corvette-electric
ウェイン・ビックレイのEVのコルベットを見るには下のビデオをクリック

カリフォルニアに住むウェイン・ビックレイ氏の愛車、96年製シボレー「コルベット」は、エンジンがやたらと大きく、低燃費の車だった。そこで、彼はそのコルベットを自分で電気自動車に改造してしまったそうだ。

彼はスーパーチャージャー付きのエンジンを取り外した後、18個のバッテリーを積み、DC電動モーターやコントローラー、コイルオーバーなどを取り付けた。おまけにATだったトランスミッションをZF社の6速マニュアルに交換。こうして1996年製のミッドナイト・ブラックのコルベットは、最高時速137キロで最大航続距離32キロを快適に走行できるマシンに生まれ変わった。

彼がここまでして愛車を電気自動車に改造した理由は、カリフォルニア州の厳しい排出ガステストに愛車が毎回、引っかかることに疲れてしまったからだとか。苦労の甲斐あって今では、排気ガス規制の心配からはすっかり解放されたそうだ。お疲れ様、ビックレイ。

早速、ご自慢のコルベットの映像を見てみよう。





関連リンク
【ビデオ】車内に閉じ込められたと勘違いした男がパニックに!!!

【ビデオ】コルベットZ06でのサーキット走行に母親を誘ったら!?
【ビデオ】420馬力エンジンとエアコン・パワステ・ATを備えた'58年型「コルベット」はいかが!?
【PR】 事故は怖い!そんなあなたに自動車保険一括見積もり