次期ボクスターはツインターボ フラット4で、ケイマンはフラット6!?
次期ケイマンと思われる車両がニュルブルグリングを周回する様子はすでにお伝えしましたが、ポルシェが放つ次世代小型スポーツカーのプラットフォームとパワートレインの噂をキャッチしました。

 
雑誌Carによると、ボクスターとケイマンのホイールベースは現在よりも60mm長くなり(最長でも2,415mm)、全長も長くなっているのにも関わらず30ポンドほどの軽量に成功しているんだとか。 
同誌はさらに次期ボクスター/ケイマンのデビューは2015/2016年あたりと予想しています。エンジンは現在の3.5リッター フラット6から2.5リッター ツインターボ フラット4に代わり、最大馬力は350馬力とのこと。 2016年という次期を考えハイブリッド・モデルの存在も予想されています。
  
あくまでも噂ですが、ボクスターにはフラット4が積まれ、ケイマンにはターボ・エンジンが積まれるという話もあります。

Related Gallery:Next-Gen Porsche Cayman Spy Shots


ボクスター購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!