【レポート】連邦裁判所がグーグルのストリートビューはプライバシーの侵害と認定!
米国の連邦裁判所は、シリコンバレーにある巨大企業Googleストリートビューを作製する際に個人情報を収集しているとしたうえで、被害者による同社への訴訟を認めると発表した。これによりGoogleは、今後多くの訴訟を抱えることになりそうだ。

Googleは、360度撮影可能のカメラとハードウェアをルーフに搭載した専用車で街路を回り、ストリートビューを作製している。ところが今年の初め、ストリートビューを作製する車がセキュリティー対策の施されていないWi-Fiネットワークエリアを通過する際に、地域住民のパスワードやEメール、その他の個人情報を誤収集していた事が明らかになったのだ。

情報テクノロジーを扱うアメリカのメディア 「Wired」の取材によると、Google側はセキュリティー対策が施されていないWi-Fiネットワークは、無線通信と同じで誰でも傍受できるとし、さらに車が情報を収集していることに気付かなかったとしている。

この裁判の結果が、Google側に転ぶのか、セキュリティーが万全でないWi-Fiネットワークの利用者側に転ぶのか、非常に気になるところだ。裁判の行方については、今後お伝えする予定なので、楽しみにしていて欲しい。

関連リンク
【レポート】「Googleストリートビュー」が震災被災地の復興の手助けに

「Googleストリートビュー」に写ったオモシロ画像を紹介! 首都高の風景も
ブラバスが世界一の速度とパワーを備えたセダンを公開!
グーグルストリートビューの撮影車はなんだっけ? その答えに該当する中古車検索はこちら !