人々はフィアット500に様々なカスタムを施してきました。チョップド・ルーフやゴールド仕様、さらに植物を植えたりもしました。中にはエンジンを取り出してリア・エンジン仕様に改造したものまであります。 

そんなカスタム車両と比べても、今回ご紹介する500は決して見劣りしないでしょう。ピニンファリーナ出身のデザイナーたちが新しく立ち上げたキャメルと いうグループが手掛けているのが500 Marcia Corta(イタリア語でショート・ギアリングの意)です。コンセプトは、500にラリーからインスピレーションを受けたルックスを与えること。
 
特徴はラリー用フォグライトと大きなグリル、サイドスカートを含めたエアロキット、オーバーフェンダーとリアウィングです。 リアバンパーはフロントバンパーのデザインに合わせたもので、特別なエキゾーストが装着されます。 
 
キャメルのクリエイターたちはこのプロジェクトをスタートさせるための投資を募っているそうです。 
 
500 Marcia Cortaの高画質画像を見るには下の画像をクリックしてください。 

Related Gallery:


フィアット500の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!


関連リンク
-アバルトが独自でミッドシップのロードスターを開発か? 最新情報を入手!
-「アバルト695トリブート フェラーリ」発売!価格は驚きの569万5千円!
- 「アバルト695トリビュート・フェラーリ」、日本でも発売決定!