ケネス・ハワード通称ボン・ダッチは、ホットロッダー以外の一般の人に一番知られたピンストライパーでしょう。それは彼がモダン・ピンストライプの生みの親とされているからではなく、彼の名前を冠したアパレルブランドがあるからです。
ピンストライプはアートでありカルチャーです。商業的に見ればコストも低く大量生産できるステッカーが優れているとも言えますが、現在もアートやカルチャーとしてのピンストライプを存続させようとしている人たちが多くいます。

ジョシュ・クラソンの【デプス・オブ・スピード】シリーズでは、そんなピンストライプ・アーティストの一人であるアンディ・カワハラ氏にインタビュー。  氏は現在も毎日ホットロッドや古いピストンなどにピンストライプを施す現役のアーティストです。 インタビューでカワハラ氏は、自分が昔そうされてきたよ うに若いアーティストを手助けすることが重要だとしています。
 
ビデオを観るにはココをクリックしてください。 


HBTV: Depth of Speed - Andy the Pinstriper from HBTV on Vimeo.

関連リンク
【ビデオ】高速道路の渋滞はパペットショーで楽しもう!
【ビデオ】ハーレー・ポリス・エディションが吠える!白バイ警官の運転テクニック!
【ビデオ】これが「パガーニ・ゾンダ」のオートバイ!?
自動車保険一括見積もり