BMWの新型「M5」がニュルブルクリンクで4ドアセダンの最速記録を更新?
2012年型BMW M5の高解像度ギャラリーを見るには下をクリック

深い森の中に作られたニュルブルクリンクの北コースは、高低差約300メートルと起伏が激しく、道路は波打ち、幅も狭い。さらに、ブラインドコーナーが多くあり、路面が滑りやすいことからドライバーを精神的・肉体的に苦しめる過酷なコースとして知られている。しかし、だからこそここでタイムを出せば、"最速"の名が手に入るのだ。

このサーキットには、世界中からスーパーマシンが集まってくるが、6~7分台というラップタイムをたたき出すことができるのは、2ドアのスーパーカー、もしくは英国ラディカルのレースカー(公道も走ることができる)くらいだ。

しかし驚くことに、BMWの新型「M5」が7分台のラップタイムを出したらしい。非公式ではあるが、BMWのファクトリードライバーがM5で7分55秒を記録したというのだ。もしこれが本当ならば、従来の4ドアクラスの最速記録を18秒も縮めたことになり、新型M5は4ドアセダンの最速車ということになる。真相が非常に気になるところだが、早速、期待の新型BMW M5をギャラリーでチェックしてみよう。

Related Gallery:2012 BMW M5


BMWの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!