ドイツで開催されたザクセンラリーを走るランチア「ニューストラトス」のビデオを見るには下をクリック

伝説のスーパーカー、ランチア「ストラトス」の復刻モデルが造られると聞いたとき、我々はすぐさま、曲がりくねったラリーコースを同車が縫うように走る光景を思い浮かべた。この「ニューストラトス」の製造を依頼したMichael Stoschek氏も、どうやら同じことを考えていたらしい。

彼は先月、ドイツのツヴィッカウで開催された2011年ザクセンラリーにランチア「ニューストラトス」で参戦。ヘアピンカーブがいくつもあるコースで、見事なハンドルさばきを披露してみせた。今回、そのときの様子を収めたビデオを入手したので、ぜひご覧いただきたい。

Stoschek氏のニューストラトスは、最高の姿に仕上がっている。重量は約1247kgで、フェラーリの4.3リッターV8エンジンを搭載。最高出力539psを生み出すこのエンジンが奏でる音は、実に神々しい。また、ロケットを彷彿とさせる外観でストリートコースを駆ける姿は、文句なしにカッコイイ。だが欲を言えば、ストリートではなく、オフロードでの猛烈な走りも見てみたいものだ。

その日が来るのを期待して、まずは今回のビデオを楽しもうではないか。

Related Gallery:New Lancia Stratos


Michael Stoschek und Dieter Hawranke, Sachsenrallye 2011 from New Stratos on Vimeo.

ランチアの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!