【ビデオ】まるでアクション映画さながら! 1万発の銃弾を浴びたポルシェ「911」
射撃の標的となったポルシェ「911」のビデオを見るには下の画像をクリック

今日ご紹介するビデオは、かなりショッキングな映像だ。

ある資産家が、所有するポルシェ「911」の修理に約160万円かかると聞いて、この車を手放すことにした。ポルシェを無償で譲り受けたのは「Commonwealth Second Amendment」という銃愛好家団体。同団体は、マサチューセッツ州で高まりつつある銃規制に反対する活動をしており、資金集めのためのイベントにポルシェを使うことを思いついたらしい。イベント当日は140人を超える銃愛好家が集結し、恐るべき一斉射撃を繰り返した。ポルシェがどのように利用されたかは想像に難くないだろう。

銃や射撃そのものに意義を唱えるつもりはないし、車が標的にされることもあるとは思うが、これほどきれいな状態のポルシェ911を的にする必要があったのだろうか。これを報じた車専門サイト『Jalopnik』によれば、このポルシェはかなりコンディションが悪く、レース出場はおろか部品のバラ売りも望めない状態だったという。しかし少なくとも、美しいボディは健在だったではないか。

車を愛する我々にとっては心が痛む映像だが、約1万発の銃弾を浴び、ハチの巣状態となった哀れなポルシェ911の末路をビデオで確認してほしい。当日の参加者の様子を収めた写真もご覧いただける。






関連リンク
【ビデオ】驚愕の出来! レゴスタッフがイタズラで作った実物大ボルボ
【ビデオ】フェラーリF458 vs ポルシェ911ターボ vs マクラーレンMP4-12C vs ノーブルの対決!
【ビデオ】自分の敷地内をポルシェ911ターボで走り回る大金持ち!

【PR】 自動車保険一括見積もり