【ビデオ】バンクーバーでホッケーファンが暴徒化! スマート フォーツーが犠牲に
バンクーバーの暴動でスマート「フォーツー」が壊される映像を見るには下をクリック

6月16日バンクーバーでアイスホッケー(NHL)の最高峰、スタンレーカップ決勝戦が行われ、イースタンカンファレンスのボストン・ブルーインズが見事に優勝を飾った。しかし、敗れた地元チーム、バンクーバー・カナックスのファンたちが試合後、暴徒化するという事態に。その騒ぎの哀れな犠牲者となったのは、路上に停められていたスマート フォーツーだった。

スマートの持ち主は、個人ではなく自動車メーカーのダイムラー社。というのも、最近同社がバンクーバーで導入を始めていたカーシェアリングサービス「Car2go」のために用意した1台だったのだ。本当にタイミングが悪かったとしかいいようがない。

映像の暴動では、幸いケガ人も出ず事なきを得たようだが、どのように暴動が収束したのかは、ビデオで確認してほしい。

ダイムラーのプレスリリース(英語)を見るには画像の下をクリック。