【ビデオ】車内に閉じ込められたと勘違いした男がパニックに!!!
第六世代のコルベットはオーナーたちを罠にかけ、車内に閉じ込めようとしているのでしょうか? すでに一人のオーナーが愛車であるZR1の『罠にハマって閉じ込められて』しまいましたが、また新たな犠牲者が出たようです。 しかし、問題なのはオーナーを罠にかけようとしているコルベットではなく、自分のクルマの使い方さえも理解しようとしないオーナーたちなのです。
 
つまりどういう事かというと、C6 コルベットのバッテリーが死んでしまった場合、ドアの開閉ボタンが動かなくなってしまいます。 コルベットを製作しているGMはスポーツカーを作っている のであって罠を作っているわけではありません。 当然そのような事が起きてしまった場合のために、車内から手動でドアを開けるためのハンドルがフロアに装 着されていて、目立つようにしっかりとマークが付いています。 子供でもわかるような簡単なことです。 パニックになる必要も全くありません。 しかし、 人間焦ると正常に思考できなくなるようで、車内に閉じ込められたと勘違いしたオーナーはパニックになっています。 さらに友人たちが面白がってビデオの撮 影を始めてしまいました。 

愛車コルベットの車内に閉じ込められたと勘違いした男のビデオを観るにはココをクリックしてください。



関連リンク
【ビデオ】ロングビーチの市街地で激しいバトル! ALMS第2戦をビデオで紹介

【ビデオ】コルベットZ06でのサーキット走行に母親を誘ったら!?
【ビデオ】420馬力エンジンとエアコン・パワステ・ATを備えた'58年型「コルベット」はいかが!?
【PR】 事故は怖い!そんなあなたに自動車保険一括見積もり