stunt-driver-attempts-to-play
エバーグリーンスピードウェイでのスタントシーンのビデオを見るには下をクリック

子供の頃、"将来の夢はスタントドライバー"と思っていた男性は多いだろう。スティーブ・マックィーンの映画や、日本でもたびたび再放送されているドラマ、『ナイトライダー』のカーチェイスや激突シーンに魅了されていた世代なら当然だ。だからこそ我々は、大人になった今でもスタントマンやスタントドライバーに大きな憧れと敬意を抱き続けているのだ。

先日、米ワシントン州出身のジョシュ・ベッケルが、"バスのドミノ倒し"世界記録樹立に挑戦した。これは、どんなスタントでもこなすドライバーとして知られる彼が、ドミノのように直立した4台のバスに自身が運転する車で突っ込み、バスを倒すというものだ。

"クラッシャー(壊し屋)"というニックネームを持つベッケルが、ワシントン州の「エバーグリーンスピードウェイ」で記録に挑戦した時の映像を入手したので、ビデオをクリックしてぜひご自身の目で結果を確かめて欲しい。なお、このスタントを別の角度から撮影したビデオもあるので、そちらと見比べるのもお忘れなく!





- 自動車保険一括見積もり

関連リンク
【ビデオ】ル・マン24時間レースでアウディ車が大クラッシュ Part1

ニューヨークの怪事故。3月以降、同じ場所で3台のフォルクスワーゲンが事故を起こす

【ビデオ】フェラーリF458がF150に突っ込む事故!