サーブがコンバーチブル・モデルの25周年を祝福!!!
サーブは(少なくとも今のところは)その財政を立て直したようで、現在はサーブ・コンバーチブルの25周年のお祝いをしています。 サーブは1986年に(1987年モデルとして)サーブ900の製造を開始し、これまでに30万台のコンバーチブルを世に送り出してきました。
 
悪天候下での性能や特徴的なスタイリング、ターボ技術やよく考えられたパッケージングを売りにしていたサーブにとって、初代900コンバーチブルのヒット は予想外のことでした。 同車の人気は凄まじく、予約は1年先までいっぱいだったそうです。 さらに第二世代900はより高い人気を誇り、1994年から 2002年の間に14万9千台を売り上げ、現行モデルの9‐3へと世代交代しました。 9‐3は2003年の発売開始以降、10万台近くが生産されている とのことです。 サーブと言えばスウェーデンの自動車メーカーなので雪や氷のイメージがありますが、コンバーチブルモデルも隠れた人気車種のようです。

Related Gallery: