【ビデオ】ル・マン24時間レースでアウディ車が大クラッシュ Part1
2011年ル・マン24時間レースでアラン・マクニッシュがクラッシュ事故を起こしたビデオを見るには下をクリック

アウディは、先日行われた2011年のル・マン24時間レースに新型マシン「R18 TDI」を投入し、見事2連覇を達成した。しかし、投入した3台のうちの1台が、スタートして1時間も経たないうちに事故で大破するというトラブルも起こっていたのだ。事故車のハンドルを握っていたのは2008年の覇者アラン・マクニッシュ。コーナーで、周回遅れのフェラーリ458イタリアを抜こうとして接触。2台ともバリアに激突するという大事故となった。

このR18は接触後、横滑りしたままタイヤバリアに激突。幸い火は噴かなかったが、タイヤやサスペンションの破片、カーボンファイバー製モノコックシャーシの大きな塊が近くにいたカメラマンらに降りかかった。マーシャルたちが駆けつけたところ、こんなひどいクラッシュにもかかわらずマクニッシュは自力で脱出してきた。

ドライバーが無事だったのはよかったが、事故車の残骸をまき散らされたカメラマンやマーシャルはたまったものじゃない。ぜひ下のビデオをクリックして、このゾッとするようなクラッシュ事故の全貌をご覧いただきたい。

Related Gallery:Audi R18 crash site at 2011 24 Hours of Le Mans




- 自動車保険一括見積もり

関連リンク
【ビデオ】ル・マン24時間レースでアウディ車が大クラッシュ Part1

ニューヨークの怪事故。3月以降、同じ場所で3台のフォルクスワーゲンが事故を起こす

【ビデオ】バスのドミノ倒し世界記録に挑戦!