カマロZL1にオートマのオプション、さらにZR1用PTMの採用が決定!
カマロのラインナップの中で最もパワフルなモデルとなる『2012年モデル シボレー カマロZL1』が来年の第1四半期に生産開始されることを受け、GMのカマロ担当チーフエンジニアがいくつかの詳細を発表しました。
 
カマロZL1にはオートマミッションのオプションが加えられるだけでなく、コルベットZR1と共通するパフォーマンス・トラクション・マネジメント (PTM))が採用されるとのこと。  PTMはローンチ・コントロール、トラクション・コントロール、アクティブ・ハンドリングとセレクティブ・ライ ド・コントロールから構成されます。

さらにZL1の最高出力は当初予想されていた550馬力を上回るだろうとのこと。 ZL1はキャデラック CTS-Vに搭載されているのと同じスーパーチャージャー付きV8 6.2リッターエンジンが搭載される予定です。 

超が付くほどのハイパワーを数々の電子デバイスで制御するカマロZL1。 デビューした際には是非とも乗ってみたいものです。

Related Gallery:2012 Chevrolet Camaro ZL1: Chicago 2011