【ビデオ】新型コルベットZR1で世界一過酷なニュルブルクリンクサーキットを体験!
2012年型シボレー「コルベットZR1」がニュルブルクリンクを疾走するビデオを見るには下をクリック

シボレーは先日、ドイツのニュルブルクリンクで改良を加えた新型「コルベットZR1」のテストドライブを実施した。ニュルブルクリンクは世界有数の過酷なコースとして知られており、過去に2008年型のZR1が7分26.4秒のタイムをたたき出している。そして今回、同コースを走った2012年モデルがなんとその記録を6秒も縮める7分19.63秒をマークした。

今回のビデオは、パフォーマンス・トラクション・マネジメントシステムを採用し、オプションのミシュラン製ランフラットタイヤ「パイロットスポーツカップ」を履いたこのマシンの走りを運転席から収めている。ビデオをクリックして、全長20kmを越える北コースをショットガンのように駆け抜ける迫力の走りをさっそく体験してみよう!