【スパイショット】3世代目となる新型「MINI」のテスト車両を目撃!
3世代目MINIテスト車両の高解像度ギャラリーは上の画像をクリック

2001年にBMWの手による新世代の「MINI」が発表されて今年で10年。その間、偉大なるご先祖同様、ほとんど変わることなくここまで来たように見えるが、実は現行モデルは2006年にフル・モデルチェンジされた2世代目である。そして近頃、いよいよ3世代目のテスト車両がヨーロッパの街を走り始めているようだ。そのスパイ写真が届いたのでご紹介しよう。

今回目撃された3代目BMW製MINI(MINI Mk IIIなどと呼ばれることもある)は、「F56型」と呼ばれる標準型の3ドア・ハッチバック・モデル。基本デザインは、これまで初代から2代目に変わったときと同じ様に「敢えて変えないモデルチェンジ」となりそう。つまり、「どこから見てもMINI」であるスタイルは不変のようだ。ただし、今後さらに「小さなMINI」である「MINI ロケットマン」の市販型が登場する予定であるため、次世代の "標準" MINIのボディは、現行型よりもやや大きくなりそうだ。これは主に室内空間を拡大するためである。
もっとも、今回撮影されたテスト車両は、現行モデルのボディ・パーツを使って偽装されていると見ておいた方がいいだろう。どうやらテストの目的はその中身、新設計のパワー・トレインと新型プラットフォームの方にありそうだ。

この3代目MINIの「UKL1」と呼ばれるプラットフォームは、今後ますます拡大するMINIファミリーの車台となるほか、BMWブランドから初めて発売される前輪駆動のスモールカーでも共用される見込みだ。UKL1は4輪駆動も想定されており、新型「MINI クロスオーバー」以外にも、BMWからこのプラットフォームを使って作られる新しいコンパクトSUVが登場するという情報もある。

エンジンは、当初は直列4気筒のガソリンおよびディーゼルが搭載されるが、より環境性能の高い3気筒エンジンが遅れて採用されると言われている。日本では軽自動車のパワー・ユニットとしてお馴染みだが、最近では「日産 マーチ」や「フォード・エスコート」のような世界規模で販売される小型車が相次いで3気筒エンジンを搭載している。「プレミアム・コンパクト」を標榜するMINIが、どのようにこれを料理するのか楽しみだ。

また、この新型MINIでは電気系においても新しい技術の投入が予定されており、電動油圧式パワー・ステアリング(EHS)や、電気機械式ブレーキ(EMB)が採用されるようだ。どちらも燃費向上に貢献すると期待されている技術である。


3代目MINIの登場は2013年(頃)、まず3ドア・ハッチバックが発売され、1~2年後にオープン・モデルの「コンバーチブル」、ロング・ボディの「クラブマン」を追加、さらに遅れて全長が短い3人乗りの小さなMINI(「ロケットマン」の市販型)や、SUVの「クロスオーバー」へと拡大していくようだ。
小さな後部ドアをボディ片面に持つMINI クラブマンは、新型ではさらに全長が長くなる(+140mm)という情報もある。また、これとは別に標準的な後部ドアを備えた5ドア・ハッチバック・モデルの登場も噂されている。

MINIが2006年に初代から現行の2代目に変わったとき、外観はよほどのMINI好きでなければ見分けられないほど、一見旧型と変わりないように見えた。しかし、中身は着実に進化を遂げ、新型エンジンと6速ATの採用は格段に燃費が向上、羨ましく思った旧型オーナーもいらっしゃるだろう。
どうやら今度のモデルチェンジも同じようなことになりそうだ。MINIに買い換えを検討されているなら、現在お乗りのクルマの車検をもう一回だけ通すことも考えてみた方がいいかも。


Related Gallery:Next-Gen Mini: Spy Shots