中国市場での需要拡大を受けマセラティが多くの新モデルを開発中?!
マセラティは素晴らしいルックスとエキゾーストノートを奏でるクルマを生産していますが、現在同社が用意する車種は決して多いとは言えません。 フィアット・クライスラーのCEOであるセルジオ・マルキオーネ氏は、特に中国市場で拡大するエキゾチックカーの需要に対応するためマセラティ・ブランドのラインナップの強化をしたいと考えているようです。 では具体的にはどのような計画があるのでしょうか?
 
クアトロポルテの弟バージョンについてはこれまで長い間ウワサされてきましたし、クアトロポルテ自体もモデルチェンジの時期を迎えています。 また、フェ ラーリFFに採用された4駆システムを使って今あるラインナップのすべてに4駆バージョンを追加することも可能でしょう。 ジープ・グランド・チェロキー をベースとしたSUVを開発中という話もあります。 もちろんピュアなマセラティ・マニアたちからは嫌われるでしょうが、売れ行きはきっと良いことでしょ う。 そう、まるでポルシェ好きがカイエンを嫌うのと同じようです。 

さらにカー・アンド・ドライバー誌はマセラティがクライスラーのペンタスターV6エンジン(400馬力)のターボ・マルチエア・エクイップト・バージョンと、ターボ・ディーゼルを搭載したモデルを出すのではと報じています。 

拡大するエキゾチックカーの需要に合わせ、マセラティは積極的に新モデルを開発していく方向性のようです。

Related Gallery:Maserati Quattroporte Spy Shots