スバル版「FT-86」には、ターボの付かない「STI」バージョンが追加される!?
スパイ撮影されたFT-86の高解像度ギャラリーは上の画像をクリック

『オートモーティブ・ニュース』が伝えるところによると、スバルトヨタと共同で開発している後輪駆動のスポーツカー「FT-86」には、高性能版として「STIバージョン」の追加が検討されているが、どうやらそれはターボ・チャージャー付きにはならない模様だという。

この情報は『オートモーティブ・ニュース』が、富士重工業スバル商品企画本部副本部長上級プロジェクトゼネラルマネージャーである増田年男氏の話からまとめたもの。
それによれば、スバルはこのFT-86と呼ばれているスポーツカーが、平均よりも長いモデル・ライフのクルマになることを望んでおり、発売後も新鮮さを保つために、いくつかの追加バリエーションを投入することが計画されているという。その中にはスバルのモーター・スポーツ部門がチューニングする「STI」仕様も含まれているとのことだ。

「スバル・テクニカ・インターナショナル」略して「STI」といえば、「インプレッサ」の高性能版を表す名前としてよく知られているが、他にもこれまでに「レガシィ」や「フォレスター」などのスバル車をベースにチューニングを施し、コンプリート・カーとして製作・販売してきた、メーカー直系チューナーとしての役割も担う会社だ。
FT-86にもSTIバージョンが用意される(であろう)という情報は、スバル・ファンにとって嬉しいニュースだろう。しかし、それがターボ・チャージャーを装着せず、通常モデルと同様の自然吸気エンジンを搭載するとなると、がっかりする人たちもいるかも知れない。『オートモーティブ・ニュース』によれば、スバルは公式に「このクルマ本来の設計コンセプトからすれば、エンジンは自然吸気であることが必要だ」と明言しているという。だから、STIバージョンといえども、ターボ装着はありえない、というのが『オートモーティブ・ニュース』の見解だ。

だが、我々Autoblogのアメリカ・サイドが独自に入手した情報の中には、将来的にはターボ・モデルが追加される可能性が高いとするものもある。その裏付けとして思い出されるのが、FT-86のターボ版としてトヨタが2010年の東京オートサロンに出展したFT-86 G Sports Concept。少なくともトヨタ・サイドには、FT-86というクルマでスライド・コントロール=ドリフトを存分に楽しむためには、ターボ過給も "あり" と考える人たちもいるということだ。

いずれにせよ、2012年の発売時にはスバル/トヨタとも自然吸気エンジンのみのラインアップからスタートし、ターボ・バージョンが追加されるとしてもそれは発売からしばらく経ってから、ということになりそうだ。

それからもう1つ、FT-86について興味深い情報がある。
イギリスの自動車メディア『オートカー』によると、日本やヨーロッパで発売されるFT-86のトヨタ・バージョンには、「セリカ」の名前が与えられるかも知れないというのだ。

FT-86というクルマを、AE86型「レビン」および「トレノ」の精神的後継車と考えると、スペシャルティカー「セリカ」の名前はそぐわない気もするが、FT-86の2リッターという排気量や車格からすれば、レビンよりはセリカの方が相応しいと言えなくもない。セリカという名前は、過去のモデルが世界ラリー選手権で活躍したこともあり、ヨーロッパではよく知られているという事情もあるのだろう。

とはいえ、ターボの有無についてもネーミングについても、今のところまだ噂の域を出ない。
正式発表は今年12月の東京モーターショー(と見られている)。それまでにまた何か情報が入ればすぐにお知らせするので、楽しみにお待ちいただきたい。

FT-86について、これまでに入った情報はこちらからどうぞ。


[Source: Automotive News, AUTOCAR | Images: Brenda Priddy & Company]

Related Gallery:Spy Shots: Toyota FT-86


■関連リンク
【ジュネーブモーターショー】各国プレスも注目、トヨタ「FT-86Ⅱコンセプト」が公開!

ジュネーブでデビュー?!トヨタがFT-86 IIのティーザー画像を公開

【ビデオ】「FT-86」を実際の風景の中でチェック! トヨタが新しいiPhoneアプリを発表

【スパイショット】期待のFRスポーツ「FT-86」に、今度は大型ウイング付きテスト車が!

FT-86の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!